男女

身体の中から改善できる酵素ダイエットを利用しよう

辛くなる前に頼ろう

サプリ

天然の食物繊維で

現代の日本は、昔と比べると食生活も変わりました。結果食物繊維が不足し、便秘に悩む人が多いと言われています。しかしどんなにつらくても、便秘薬は使いたくないという声も聞かれます。便秘薬は、腹痛に悩まされるイメージが根強いものです。辛いので、できるだけ使いたくないというのが率直な意見でしょう。しかし最近はこのような点が注目され、辛くない便秘薬が流通し始めました。中でもオススメは、植物性の便秘薬です。天然の食物繊維が豊富で、腸内の水分を吸って膨らみます。膨らんだまま少しずつ腸内のものを押し出すため、無理なく排出に進むという仕組みです。緩やかながら確実な効き目が期待でき、腹痛などの不快感はほとんどないでしょう。

乳酸菌と便意を促す努力

また、乳酸菌を含んだ便秘薬もオススメです。乳酸菌はもともと腸内に存在しますが、便秘の時は他の菌に負けてしまっている状態です。そこで乳酸菌を正常な数にまで増やし、腸内環境を整えるというのがこの便秘薬です。これらの便秘薬は、効き目が緩やかなため依存性が少ないのも特徴です。しかし、自然に排泄するに越したことはありません。そのため、日頃から便意を促す努力をすると良いでしょう。例えば、水分の摂取です。便に水分を与え、硬い便を柔らかくすると出やすくなります。この場合はジュースなどではなく、水がオススメです。また軽い運動やマッサージも良いでしょう。酸素を取り込む運動が適しているため、軽いジョギングや長めのウォーキングがオススメです。その後お腹にのの字を描くマッサージで血行を促し、便意を促進します。